撮影ノウハウ


操作の不明点等はこちらからお問い合わせください。
レンタル始めました 誰にでも使いやすいシンプルなストロボキットをご用意しました

 

 


HOME > 撮影ノウハウ > 撮影お悩み解決クエスチョン! > 商品の色を正しく出すには?

商品の色を正しく出すには?

商品の色を正しく出すには?

撮った商品の色が正しく出ない、
という話をたまに聞きます。

EC用やカタログ用写真にとって一大事です。
実際の商品の色とかけ離れていたらクレームの対象になりかねません。

普段作業しているPCや色調整しているPCモニターの環境問題もあるかもしれませんが
今回はカメラ側の問題を取り上げてみます。


そもそもカメラは各メーカーや機種によっても作られる絵(色など)が違うって知ってましたか?
入門機ほどJPEG、オートで撮影したときに実際の色よりも鮮やかに出る傾向があります。

またどんなにカメラ側を調節しても出せない色もあります。

蛍光色や深い色、特に紫や緑、カーキ色などは難しいと言われています。
Adobeフォトショップなどの加工ソフトで補正してあげる必要があります。


上記のような例を除いても
商品の色が正しく出ない場合があります。

チェックポイントは
商品に当たっている照明の種類ホワイトバランスの調整です。

ホワイトバランスとは各カメラで設定できる
被写体に当たる光の種類に応じて変わる色味を調整して、白いものを白に近い色に仕上げる機能です。

人間の目はかなり優秀です。
肉眼ではどの光も同じように無色透明に感じますが、実は光の種類によって色が着いています。

日中の太陽の下と白熱電球の部屋では光の色(色温度)が違うので本来は物の色も違って見えます。
しかし人間は脳で補正しているので太陽光、蛍光灯、電球の光でもそれなりの色で見ることができます。

実はカメラは人間の目ほど優秀ではありません。
現在のカメラのオートホワイトバランスは性能がアップしてかなり使えるものになっています。
それでも撮影する被写体の色、照明環境によって都度設定が変わってしまいます。

特に画面いっぱいに商品が写りこんでいたりするとその商品の色に影響されてしまいます。
商品撮影ではできればオートホワイトバランスは避けたいところです。

RAWでカラーチャートやグレーカードを写しこんで後で現像する方法もありますが
実際はスピード重視でほとんどJPEG撮影かと思います。

簡単な解決策はというと
撮影本番時にキヤノンでは「マニュアルホワイトバランス
ニコンでは「プリセットマニュアル」設定をしてあげることです。

ホワイトバランスをマニュアル設定してあげると光源は関係ありません。
電球でも蛍光灯でもストロボでも正しい色で表してくれます。

詳しいやり方は各カメラの説明書を見ていただくこととして
注意点が1つ。
光源をなるべくMIXさせないほうがキレイに写ります。
電球と蛍光灯を混ぜないなど。

マニュアルホワイトバランス設定はさほど難しくありません。
色が合わないとお悩みの方はぜひ挑戦していただきたいです。

 

最後に宣伝になりますが

ホワイトバランス設定時にあると便利なオリジナルグレーカードも弊社オンラインショップ、月島スタジオショップで販売しております。

A4判2枚入りで2,160円です。

 



お気軽にご相談ください

03-6823-6566 受付時間  平日 9:00〜18:00
ご希望に合わせてカスタマイズ
メールでお問い合わせ
カスタマイズのご相談
このページの先頭へ戻る