撮影ノウハウ


操作の不明点等はこちらからお問い合わせください。
レンタル始めました 誰にでも使いやすいシンプルなストロボキットをご用意しました

 

 


影が強すぎる?!

影が強すぎる?!

商品撮影をストロボを使って行った場合
ストロボの光はかなり強いので、商品やモデルに直接当てるとすぐテカリが出たり
背景にコントラストの強い汚い影が出てしまいがちです。

カメラマンがそういう効果を狙ってライティングした場合はそれでいいのですが
一般的には好ましくありません。

そんなときの対処法をいくつかご紹介いたします。


ストロボ撮影の基本は光をコントロールすることにあります。
光のコントロール=ストロボライティングの中でも光を弱める作業はよく行われます。

やわらかい光を作る
光をまわす」なんて言い方をされます。

まず単純にストロボの位置を遠ざけてみるのも効果的です。
物理的に遠ざければ照明の当たる範囲は広がり、光は弱くなります。

他に、今すぐに出来る方法としてはバウンス光があります。
ストロボを天井や壁などに向けて打つと
その光は一度バウンス(跳ね返り)し、弱い光になります。
お薦めは天井バウンスです。
(天井が低いとより効果的です。)
よく結婚式会場や美容室での撮影で使われています。
天井に一度当てているのでやわらかい光ができますし、広い範囲に拡散します。
また上から光が降りそそいできますので人物撮影であれば髪の毛がきれいに写ります。
バウンス撮影での注意点は
壁や天井の色が被写体に影響してしまうことです。
ですから壁や天井が白いことが良い撮影をする条件です。

他には光をコントロールするアイテムとしてアンブレラ(傘)があります。
ストロボ発光部に取り付けることで
簡単にバウンス光を作ることができるのでお薦めです。
ストロボの光を傘の内側にバウンスさせて使います。
光が大きく拡散されてやわらかいライティングができます。

光を弱めるもう一つのアイテムがディフューザーです。
よく撮影現場で使われる
ソフトボックスやトレーシングペーパー(トレペ)などが代表格です。

ソフトボックスはストロボをボックスの中に入れて
発光部分を白い紗幕でディフューズしたアイテムです。
光の角度や当たる範囲を調節できて、
かつ光がフラットになりすぎず被写体に光の芯が残り傘ほど拡散しないのが特徴です。
トレペはストロボの前に置いて光をディフューズします。
厚みによってユポやアートレといった種類も存在しています。
被写体の大きさによってサイズをカットして調節できるのもトレペの大きな特徴です。

 

また光を弱めるのとは違いますが
光をわますライティング方法としてストロボの多灯ライティングがあります。

 

ストロボが1灯しかないシチュエーションではどうしても光が当たっていない部分が出てきます。
その部分は濃い影が付き、コントラストも強くなってしまいがちです。
単純にストロボの灯数を増やせば、影の部分は減らすことができますし
思い通りのライティングはしやすくなります。

ストロボが1灯しかない場合でも工夫次第で多灯効果を得ることができます。
その代表格がレフ板です。
レフ板を使えばストロボの光が直接当たっていない方向や影の部分にも光を当てることができます。
レフ板には既製品も多く発売されていますが、
白い紙や白いボードがあれば簡単に自作することもできます。


今度は逆に商品に影を付けたい場合はどうでしょうか。

光を強くしたり、光をできるだけ回さなければ影がつきやすくなります。

モデル撮影の場合は
背景(背景紙)にギリギリ近づいて立ってもらうとモデルの影が背景に強く出ます。
ストロボ1灯で撮影してあげるとよりコントラストが強くなり印象深い写真になります。


今回ご紹介したストロボ光をディフューズする。
やわらかい光を作る。
光をわます。
こういったライティングテクニックを身に着けると

撮影の幅がぐっと広がり、商品の魅力も引き出しやすくなるかと思います。














お気軽にご相談ください

03-6823-6566 受付時間  平日 9:00〜18:00
ご希望に合わせてカスタマイズ
メールでお問い合わせ
カスタマイズのご相談
このページの先頭へ戻る